施工例

トップ施工例玉出入路橋

玉出入路橋

玉出入路橋

概要

本橋は、昭和44年に供用開始した阪神高速道路15号線堺線の玉出入路橋は鋼単純合成鈑桁橋です。疲労耐久性のほか、鋼桁および下部構造への負担軽減や、地震時の安全性の確保から軽量化が可能なサクセムが床版取替工事に採用されました。
工事名 阪神高速道路15号堺線 玉出入路橋
工事場所 大阪府大阪市
完成年月 2018年1月
構造形式 鋼単純合成鈑桁橋
(6連のうち本線合流側3連)
橋長 22.0m×3連
全幅員 6.25m
床版支間 4.0m
床版厚 150mm

より大きな地図で 玉出入路橋 を表示

構造図

構造図

サクセム床版製作状況

サクセム床版製作状況

サクセムの打設

サクセムの打設

サクセム床版架設状況

サクセム床版架設状況

サクセム床版架設状況

サクセム床版架設状況

PC縦締め緊張

PC縦締め緊張

サクセム床版設置完了

サクセム床版設置完了

特徴

サクセム床版は超高強度で高い耐久性をもち、床版の軽量化を実現しました。

写真で見る施工例

TOP