施工例

トップ施工例羽田空港D滑走路桟橋部床版

羽田空港D滑走路桟橋部床版

羽田空港D滑走路桟橋部床版

概要

羽田空港D滑走路の桟橋部は、海中に打設した鋼管杭と鋼製のジャケット、ならびにジャケットの上部桁上に配置するコンクリート床版から構成されます。このうち、外周部の着陸帯にサクセムを使用したプレキャストPC床版が採用されました。
工事名 東京国際空港D滑走路建設外工事
工事場所 東京都
構造形式 2方向プレテンション方式PC床版
標準寸法 7.820m×3.530m

より大きな地図で 東京国際空港D滑走路建設外 工事 を表示

サクセム床版

桟橋部の構造

床版の構造

床版の構造

特長

サクセムは一般のコンクリートと比較して力学的性能が高いため床版を薄く、軽くすることが可能です。普通コンクリート製のPC床版に比べ重量が約半分となり、桟橋ジャケットおよび鋼管杭の鋼材量が低減できます。また、緻密な組織が塩分の浸透を防ぎ、塩害に対して優れた抵抗性を有するため、維持管理費の低減も期待できます。

製作・施工

サクセム床板の製作
当工事のために千葉県富津市に床版製作工場を建設しました。工場には、サクセム製造プラントのほか、一度に最大20枚の床版を製作可能な長さ約100m、幅約12mの製作ラインを2ライン、二次養生槽、仕上げ・検査ヤードおよび門型クレーンなどを整備しました。約4ヶ月でサクセム床版を797枚製作しました。

PC鋼材緊張型枠組立て

PC鋼材緊張型枠組立て

主桁の架設

サクセムの打設

プレストレスの導入

プレストレスの導入

ストックヤード

ストックヤード

サクセム床板の施工
サクセム床版を海上輸送し、桟橋ジャケット上の所定の位置に1枚1枚クレーンを用いて架設した後、床版間の目地にコンクリートを打設しました。

サクセム床版の架設

サクセム床版の架設

設置されたサクセム床版

設置されたサクセム床版

写真で見る施工例

TOP