施工例

トップ施工例プレストレストコンクリート水路橋

プレストレストコンクリート水路橋

プレストレストコンクリート水路橋

概要

本橋は、既存の農業用水路橋と交差する国道163号の拡幅に伴い、新たに架け替えられた水路橋です。国道の建築限界を満足するために桁高を抑制する必要があったことから、サクセムが採用されました。
工事名 国道163号地方道路交付金工事
国道163号道路新設改良受託1工事
工事場所 京都府木津川市
橋種 プレストレストコンクリート水路
構造形式 単純PC下路桁水路橋
橋長 23.750m
支間長 22.950m
幅員 全幅0.640m

より大きな地図で プレストレストコンクリート 水路橋 を表示

断面図 側面図 平面図

特長

通常の超高強度繊維補強コンクリートでは、主桁製作時において型枠が自己収縮を拘束することによってひび割れが生じる懸念があります。そこで、収縮低減型サクセムを主桁に初めて採用し、スレンダーな桁を一括打設で製作することによって、主桁の施工精度を確保するとともに弱点となりやすい継目をなくしました。

設計概要

収縮低減型サクセムは標準サクセムに専用の膨張材および収縮低減剤を混入したもので、圧縮強度や引張強度は同等で収縮のみを半分程度に低減することができます。収縮低減型サクセムの収縮ひずみは400×10-6 程度で、標準サクセムの収縮ひずみと比較して半分程度に低減されています。

収縮低減型サクセムの配合

単位量(kg/m3 鋼繊維
(kg)
収縮低減型
プレミックス結合材
骨材 高性能
減水剤
収縮
低減剤
195 1,287 905 32.2 12.87 137.4
(1.75vol%)

サクセムの収縮ひずみ

サクセムの収縮ひずみ

製作・施工

コンクリート製品工場において、約24mの桁を一括で打設しました。底版への充てんを確実に行うため、上下を逆にして底版側から打設しました。二次養生終了後にポストテンション方式でプレストレスを導入しました。主桁はポールトレーラーを用いて運搬しました。架設は、国道163号を全面通行止めし、160tクレーンを用いて行いました。

サクセムの打設

サクセムの打設

主桁の架設

プレストレスの導入

サクセムの製造

主桁の架設

完成

完成

写真で見る施工例

TOP